日光ぶらり旅#14 今市文化祭へ行ってみた!【後編】【2023秋】

日光ぶらり旅
この記事は約8分で読めます。

当サイトでは、ページ内にクリック・表示報酬型広告と成果報酬型広告がある場合があります。
成果報酬型広告について、消費者庁景品表示法で2023年10月1日からステルスマーケティング規制法が施行されました。
当サイトではアフィリエイトポリシーをふまえ、視認性とマーケティングの両立を考え、商品を紹介しています。

商品へ興味がある場合にはアクセスしやすいように、無い場合は回避できるように、広告リンクの場合は付近にPRの表記が配置されています

令和5年10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反となります。 | 消費者庁

商品の画像を使うことのできる点・記事から商品を紹介できる点を活用していきますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
問題のある表記がございましたら、お手数ですがコンタクトフォームよりお問い合わせください。

日光ぶらり旅では、日光移住民のふくらひよこが気の向くまま日光を観光しています。

日々の仕事や家事、年齢や何かの理由で、観光に行く時間も体力もない…🌀

ひよこの日光ぶらり旅で、
✅観光した気分、少しハッピーな気持ちに🌈🌞✨
✅日光市に行ってみたい💡
近場だし行ってみようかな!
そんなキッカケになれたら、嬉しいです😊✨

至らない点ばかりですが、どうぞよろしくお願いします🙇

2023年秋🍁
10月13日(金)~15日(日)
に開催された、今市文化祭に行ってきました!

会場は今市文化会館・中央公民館・杉並木公園ギャラリー
同時開催のスタンプラリーでは、ふくろうの森手塚登久夫石彫館も会場に✨

日光市今市の芸術の秋を満喫してきました🍁✨

また、今回掲載するにあたり、各展示の方や運営の方にご協力いただきました。
ご協力いただき、大変ありがとうございました。お疲れさまでした。
残念ながら、膨大な量になってしまうので、すべてを紹介することはできません。
ですが、記憶に残っている作品だけでも紹介できたらと思い、拙いイラストでの紹介を失礼します。

日光市民文化祭について
日光市民全域の人が参加する今市文化祭をトップバッターに、足尾・栗山・藤原(鬼怒川)・日光と2023年11月12日(日)まで日光市全域を股にかけて開催されます!
※詳しくは日光市ホームページまたは、日光市文化協会ホームページをご覧ください※

日光市ホームページ/日光市民文化祭
令和5年度日光市民文化祭
...
日光市文化協会ホームぺージ
日光市民文化祭『今市文化祭』(今市地域) – 日光市文化協会

日光ぶらり旅

前編~中編のふりかえり…

前編では、雨だったにも関わらず、多くの人が来場している様子からはじまり。
色々な展示を見つつ、芸術や文化が好きな人が多いと実感。
3日間で200点以上の展示があり、ステージでは104演目もありました。

中編では、中央公民館での文芸展、華展・茶席で感性を刺激する展示をご紹介しました。
ありがたいことに取材協力をいただけたので、芸の世界を少し覗くことができました!

後編では、別会場のふくろう美術館の催し、杉並木公園ギャラリーをご紹介します♪
大ボリュームのイベントのため、3部作になりましたがこれにて完結です!

前編はこちら
中編はこちら

今回、今市文化祭では、スタンプラリーが開催中!
今市文化会館・中央公民館で4つ、ふくろう美術館で1つ、杉並木公園ギャラリーで1つ計6つを台紙に押して、杉並木公園ギャラリーでティッシュプレゼント抽選ができます。

残り2つのスタンプに導かれ、まずはふくろう美術館へ!

ふくろう美術館では、子どもも大人も本気で遊べる催しが!

ふくろう美術館は正式名称、日光市ふくろうの森手塚登久夫てづかとくお石彫館といいます。
日光街道を宇都宮方面から日光方面へ進む途中にある、大きな石彫のふくろうが目印です。
土日祝日のみの開館のため、通勤される方は不思議に思っているかも?

中に入ると、シックな和風建築をアトリエや展示スペースとして改装してあり、とても居心地の良い空間でした。また奥には中庭や離れもあり、奥行きのある造りになっています。

手塚登久夫てづかとくお氏について
旧今市市生まれの手塚登久夫氏は、東京芸術大学彫刻科、同大学大学院を卒業後、講師や教員を務め、同大学名誉教授として活躍された彫刻家。東京のアトリエと今市のアトリエを行き来する生活を続け、2015年に76才で亡くなられました。

硬い石材から彫り出された、大小様々で、ふっくらとして表情豊かなふくろう達。
少年期、ふくろうを世話されたお話を聞き、ふくろうを愛されていたんだなぁと思いを巡らせました。ふくろうの側には森が多く彫られており、自然とふくろうを表現し、何を籠めたのか。ぜひ一度、お見えになって感じてみてはいかがでしょうか。

日光市ふくろうの森 手塚登久夫てづかとくお石彫館
開館時間…10:00~16:00 (入館は15:30まで)
開館日…土曜日・日曜日・祝日※年末年始(12月29日~1月3日)除く
入館料…無料
アクセス…🚋電車・徒歩…東武日光線上今市駅から徒歩5分
     🚙日光宇都宮有料道路今市ICから約1km、🅿杉並木公園駐車場

公式サイト
ふくろうの森手塚登久夫石彫館
...

この日、奥の離れで催し物が開催されていました!
大豆つかみゲームマグネットお魚釣りが開催!
大人は制限時間1分、小さいお子さんはできることに合わせて遊んでいました♪
私も参加して、賞状をもらうことができました。
かなり本気で挑んだんですが、とても難しかったです!

大豆つかみゲームは、つるつるしたお箸で大豆を別のお皿に移すゲーム。
ほんとにつるつるして、つかめない…!
結果は21個、もうちょっと簡単かと思った!

マグネットお魚釣りで使う道具は、筒の先から垂れたヒモにマグネットが付いた釣り竿!
海をイメージしたブルーシートの上には、色とりどりのお魚が。
よーく見ると、口にクリップが何個かついています。
紙でできたお魚が、意外と重い!苦戦して6匹でした。

結果、大豆は7位、お魚は5位タイという結果でした!
とても楽しいレクリエーションで、いい大人ですがかなり本気になりました!

参加賞の折り紙パンプキンの飴をいただいて、楽しい気持ちで次の会場へ向かいます♪

外へ出るとお天気が一転、快晴へ!

ふくろう美術館から出ると、お天気が回復!
この日は屋台祭りやイオン今市でもイベント開催で、今市が賑わっていたので何よりです♪

杉並木公園ギャラリーは上今市駅と同じ建物!

最後に来たのは、杉並木公園ギャラリー
こちらは上今市駅の改札を出てすぐにあるギャラリーで、展覧会などに誰でも使えるスペースを貸出しています。条件が合えば、誰でも個展が開ける!
今市文化祭では、絵画展・写真展があり、スタンプラリーの終着でもありました!

杉並木公園ギャラリー
開館時間…10:00~18:00※催事がない場合は休館
アクセス…🚋電車・徒歩…東武日光線上今市駅から徒歩0分
     🚙日光宇都宮有料道路今市ICから約1km、🅿杉並木公園駐車場

貸出しなど詳細は公式サイトをチェック
日光市杉並木公園ギャラリー

まず最初に、スタンプラリーの結果から。
それぞれの場所がわかる、かわいいスタンプが用意されていました。
そして、ドキドキの結果は……!?

じゃじゃん!
当たり・・・ではなく、はずれでした!

写真はブログに理解のある受付の方が、探し出して撮らせてくれたものです。
ありがとうございます…親切な方!

ちなみに当たりだと、日光珈琲のプレゼントがあったみたい!豪華な景品!
残念ながらはずれでしたが、参加賞でもらえたティッシュはふかふかの鼻が痛くならないソフトティッシュ(箱サイズ)でした!十分豪華!

残念ながら展示は著作権の関係などで、写真での紹介はできません。
ギャラリーには絵画展作品が19点写真が13点の出品があり、大きなものから小さなものまでギャラリーいっぱいにずらりと並びました!

拙いイラストで申し訳ありませんが、トリッキーで繊細な作品を見させていただきました!

絵画展では、入ってすぐに目に飛び込んでくる大きな油画が。
天井までありそうなキャンバスに最上川と深い山が描かれていました。
会場で一番パワフルな作品…!

他にも、繊細なタッチで描かれた新緑と湖面の静けさや、梅花のシベが夜に透けて白く浮かび上がる絵、筆の勢いがある山水画や、透け感がある水彩画、タッチが際立つアクリル画、繊細な日本画と、多種多様な絵画が軒を連ねました。
そして私のPiEaCE NIKKOもその中に入れさせてもらいました!

もっと大きなものを制作したい!そんな衝動に駆られるワクワクした絵画展でした♪

PiEaCE NIKKO
作品ページ

そして写真展では、講評があったようで賞のリボンがつけられていました。
どれもきっちりとした額に映える、鮮明で大きな写真ばかり。

3枚の組みで日光市の自然と花の対比が力強く感じた作品や、生岡神社の子供強飯式の作品、ミツバチが花粉をたくさん足に着けて、蓮の花が開くのを待っているような作品、他にも一瞬や一時を切り取った、魅力的な作品が並びました。

おわりに

前中後と3部にまたがっての紹介にお付き合いいただきありがとうございました。
今市文化祭はいかがでしたでしょうか、今市文化祭は毎年開催されています。
たくさんアーティストがいる、アートな町です!

今市文化祭を始め日光市民文化祭では、日光市文化協会主催の日光芸術の秋が11月中頃まで続きます🍁 ぜひ素敵な秋をお楽しみください✨
私はブログの秋になりそうな予感です…♪

最後に、制作された方、発表された方、参加した方、運営された方、地域の方、大変お疲れさまでした。
また取材でご迷惑をおかけしました。ご協力いただき、ありがとうございました!

旅のまとめ

地図についてはこちら

旅したエリア・場所

アイコンから同じエリアの一覧へ
  • 今市
    【前編】今市文化会館、中央公民館
    【後編】ふくろう美術館、杉並木公園ギャラリー、上今市駅

季節・移動手段・かかった時間など

📅10月15日(日)、休日、雨⇨快晴
🚘車は混雑、今市文化会館満車、杉並木公園駐車場は空有

旅費

¥0!💰

メモ

・たくさんの人が芸術を楽しんでいる市だと発見💡
・立派なカメラがあったら良かった💦
・満足度は★★★★★!近くの方に説明してもらえたので、素人でも少しわかった気になれました!

次回予告

次回は日光ぶらり旅、今市屋台祭りへ行ってみたです。
来週の木曜日の公開を予定しています。お楽しみに!

※今年の紅葉シーズンは、諸事情により観光出来ておりません。
なんたる失態💦逃げていく紅葉🍁👋また来年ね〜🐣🌱


日光ぶらり旅、更新日についてお知らせ

毎週曜日、更新します。お楽しみに🐣🌱
※執筆速度や取材状況でお休みをいただく場合があります。
現在週末の更新が多いので曜日を未定にしています。

error:
タイトルとURLをコピーしました