日光ぶらり旅#4 鬼怒川温泉からさらに奥へ…【龍王峡編】

日光ぶらり旅
この記事は約5分で読めます。

当サイトでは、ページ内にクリック・表示報酬型広告と成果報酬型広告がある場合があります。
成果報酬型広告について、消費者庁景品表示法で2023年10月1日からステルスマーケティング規制法が施行されました。
当サイトではアフィリエイトポリシーをふまえ、視認性とマーケティングの両立を考え、商品を紹介しています。

商品へ興味がある場合にはアクセスしやすいように、無い場合は回避できるように、広告リンクの場合は付近にPRの表記が配置されています

令和5年10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反となります。 | 消費者庁

商品の画像を使うことのできる点・記事から商品を紹介できる点を活用していきますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
問題のある表記がございましたら、お手数ですがコンタクトフォームよりお問い合わせください。

龍王峡は、太古の自然が作り出した絶景!

龍王峡について

龍王峡は、鬼怒川温泉駅からアクセスできる、自然ロケーションスポットです!

ハイキングコースでもあり、龍王峡駅から川治温泉までのルートがあります♪

太古の地殻変動で隆起した地層が、鬼怒川に長い年月をかけ削られて、今の景色になっているそう。

記事の後半は、ルポ記事!一緒に観光気分を味わいましょう🐣✨

今回は探検できなかったけど、同じ景色のなかで、岩がちがうエリアがあるってすごいですね!どんな景色なんだろう🐣✨行ったらまたルポ記事書きますね✨

あわせて読みたい公式サイト
龍王峡 - 日光国立公園
...
龍王峡|体験・観光スポット | 【公式】日光市の観光サイト 日光旅ナビ
...

龍王峡へ行ってみたルート

今回行ったルートは、ハイキングではなく、観光に来た人へおすすめしたいルートです

オススメ観光ルート
(往復600m・かかった時間40分)

近くに思える五龍王神社や虹見橋ですが、道中は自然あふれる遊歩道

歩きやすい靴でお越しください♪お土産屋さんで荷物を預かってもらえるので、便利♪

すぐわきに入ると、もうハイキングコースなので、うっかり入ってしまわないように注意💦

春から秋にハイキングされる方は、対策も忘れずに!

龍王峡はアクセス良すぎ!鬼怒川温泉駅からどのくらいかかる?

広場に立つ龍王峡のシンボルモニュメント

龍王峡の周辺について

鬼怒川温泉駅から電車やバス、車のアクセスが良く、好立地な龍王峡。

市営駐車場を中心に、お食事処やお土産屋さんもずらっと集まっています!

夏は三ツ星氷室の日光天然かき氷がどのお店でも食べられます♪味のバリエーションはお店次第なので、要チェック!

手荷物を預かってくれるので、先にお店を決めて身軽になるのもおすすめです♪

他にも、公共トイレや自動販売機などもあり、ドライブやツーリングする方の休憩場所としても優秀です✨

龍王峡へのアクセス(2023年7月現在)

電車で
・野岩鉄道会津鬼怒川線
 (特急リバティ等でも来れます)
 「龍王峡駅」下車 徒歩0分

・「東武鬼怒川温泉駅」から2駅
 所要時間…約12分
 運賃…360円

※鬼怒川温泉駅以北の利用は特急も乗車券のみ、温泉駅をまたいだ場合特急券も必要

首都圏と栃木・会津を結ぶ「ほっとスパ・ライン 会津 鬼怒川 線」野岩(やがん)鉄道株式会社
...

バスで
・日光交通バス湯西川線
 「龍王峡入口」下車 徒歩0分

・「鬼怒川温泉駅」から12個目
 所要時間…約10分
 運賃…450円

https://www.nikko-kotsu.co.jp/
ERROR: The request could not be satisfied

車で
・東武鬼怒川温泉駅から5.5km
 所要時間…約8分

・龍王峡市営駐車場あり
 無料、約20~30台駐車可能

龍王峡 · 日本、〒321-2526 栃木県日光市
...

日光ぶらり旅

鳥居をくぐって、いざ龍王峡へ…ってこんなに降りるの?!

スタート地点の石鳥居。扁額に五龍王神社とあります。
ご本社は滝の近くなのですが、ここから神域。気を引き締めていきます!

テラス席が、参道に面しているお店も♪涼しげです✨

黙々と参道を降りていきます。自然の音が、だんだん大きくなっていきます♪
ちょっと熊が出そうで怖い、と思っていたら一緒に降りる人が熊鈴を付けていました🐻🔔
ありがたや✨

やっと、ついた!振り返って、結構降りてきたー!と感心の一枚📷✨

虹見の滝と五龍王神社

動画を流しながらだと、もっと観光気分が味わえます♪

下り終えたところで待っているのは、ババーン!虹見の滝です✨
本流の鬼怒川も少し見えます♪
暑い日に来ると、本当に涼しくて地上に戻りたくなくなります🐣💦

もともとはこの滝は、鬼怒川の一部だったそうです💡
滝側の地質と鬼怒川側の地質に差があり、鬼怒川の本流側だけ削られていったそうな。
自然ってすごい✨

こちらが五龍王神社さん。
鬼怒川温泉川治温泉を守る龍神様です。
今市などの町にある高龗(たかお)神社さんは水を司る農業に縁のある神様ですが、
こちらのご祭神は高龍命(たかおのみこと)、より源流に近い水を彷彿とさせますね💡
7月末に本祭がある鬼怒川のお祭り、龍王祭もこの神社のお祭りです⛩

もうちょっと奥の虹見橋へ、途中の野沢も絶景!

虹見橋のほうへ行こうとすると、ちょっと間隔のあいた木の階段を飛んで行くので、ちょっとしたアスレチック!

虹見の滝の上には、野沢が広がっていました。
綺麗な水にしかいないお魚がいそうです🐟
野沢にかかる橋から2枚📷✨この先が、あの滝なんですね🐣💦

強い日差しを、木が受け止めてくれているので、水の音もあってとても涼しく感じます。

虹見橋に到着!さてさて、どんな景色かなー🐣✨

これが龍王峡!絶景かなー!

虹見橋は、渓谷を見渡せる橋でした!
滝に虹がかかるのを、ここから見れるんでしょうね✨
龍みたいに川がくねくねしていて、龍神さんが祀られているのも納得の景色です!
高所恐怖症の方は、、、ちょっと無理かも?

流れに緩急があったり、深いところが青みがかっていて、とてもいい色✨
逆流して見たり、渦をまいたり…見ていて飽きません。

来たかいがある、素晴らしい景色でした✨
龍王峡のさわりの入口だけでしたが、ロケーション最高の「大観」にもいつか行ってみたいです🐣✨

それじゃあ、ヤマユリに見送られながら、地上に戻りますか!

次回予告

今回のルートは、結構かかったかな、と思ったら40分くらいでした♪

先のムササビ橋まで行くとさらに時間がかかるので、時間に余裕をもっておでかけください。


さて次回は鬼怒川温泉の更に奧…の続きです🐣✨

ブログを通してじっくり観光できてとても楽しいです♪

日光ぶらり旅、更新日についてお知らせ

毎週曜日、更新します。お楽しみに🐣🌱
※執筆速度や取材状況でお休みをいただく場合があります。
現在週末の更新が多いので曜日を未定にしています。

error:
タイトルとURLをコピーしました