栃木県は全国1位の落雷率?!雷の怖さや対処方法を紹介!実は屋内も危険だった

ALL GENRE
🐣
この記事は約7分で読めます。

当サイトでは、ページ内にクリック・表示報酬型広告と成果報酬型広告がある場合があります。
成果報酬型広告について、消費者庁景品表示法で2023年10月1日からステルスマーケティング規制法が施行されました。
当サイトではアフィリエイトポリシーをふまえ、視認性とマーケティングの両立を考え、商品を紹介しています。

商品へ興味がある場合にはアクセスしやすいように、無い場合は回避できるように、広告リンクの場合は付近にPRの表記が配置されています

令和5年10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反となります。 | 消費者庁

商品の画像を使うことのできる点・記事から商品を紹介できる点を活用していきますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
問題のある表記がございましたら、お手数ですがコンタクトフォームよりお問い合わせください。

はじめに

現在、7月の上旬です。梅雨がまだ開けませんが、カンカン照りであっつあっつのむっしむっしです🌞

日光の梅雨寒、どっかいっちゃったよ。
最低気温も高いし晴れてる!

こんな天気のとき、日光は80%くらいの高確率で雷雲が発生します!

空がどんよりしてきて、重い雲が山を隠します⛅そのうち遠くからゴロゴロ…
最近は、気温が低くなる夜が多いかも?

ひよこは平野育ちなので、「雷って何回か落ちたら終わりだよね?」と甘く見ていました🐣💦
日光のゲリラ豪雨は、山の天気らしく発達した雲から雷も降りそそぎます!

日光の観光は、高い木の中での観光や、水際のアクティビティ、山の上へ遊びになどが多いです♪
もしも雷に遭遇したら、どうしたらいいか、頭のすみで意識するキッカケになれば嬉しいです🐣
※日光東照宮などには避雷針が設置されています。

ホテルなどの屋内でも気をつけることがあるので、あわせてご紹介します!
普段のおうちでの暮らしでも使えると思うので、ぜひ見てみてくださいね🐣

【日光の雷事情】日光は雷が多い?少ない?

じつは合成です🐣{オエカキスキー)

突然ですが、雷さまは何て読みますか?
「かみなりさま」と読んだかたは、ひよこと一緒ですね🐣💕

栃木県の方言で、雷さまは「らいさま」と読むそうです。
なんだか親しみやすくて、ひよこは好きです♪

さてここで、お気づきかもしれません。
雷さまに独自の名前があるってことは、、、

そう!親しみ深くなるくらい、雷さまが来るってことです!

実は栃木県は日本有数の雷発生地帯!
4月~9月にかけての平均雷日数は全国1位!これは多いわけです!

ひよこは雷が少ない地域の出身なので、こんなに雷って鳴るんだとびっくりしました!

地元でたまーに来る雷は、ポツポツ雨の中、
1回か2回大きい雷が落ちたらゴロゴロして
ざーっと雨が降って、晴れるようなかんじだったよ。

日光の雷は全然ちがいました。
ゴロゴロ…と音がしてきたら始まりの合図!
雨がざーーーーっとふってきて、その中で雷がピカピカドカドカ落ちます!!
範囲も広くて、日光方面で落ちたかと思ったら、今市方面でも落ちていたり!(7キロくらい離れてますけど?!
重い雨雲が、水を一気に絞りつつ、雷が落ちるので、30分~1時間くらいで落ち着いてきます。
でもまだ近くでゴロゴロしていると、晴れていても落ちてくることがあるので要注意です。

こんな雷の中、お外を歩く人がいたら勇者ですね🐣💦
そんなときはどこかで雨宿りしないと危ないです。

お次は雷さまが来たときに、どうお迎えすればいいかお伝えします!

【雷の対処方法】観光前に気を付けてほしいこと

この日の雷さま雲🐣

【日光の自然や歴史を楽しむときの注意】急いで避難!早めに気づいて!

山で登山中だったり、渓流の川下り、大自然のなか歴史遺産を散策など、日光は自然と人が織りなす素敵な場所がたくさんありますよね✨

そんな自然を満喫中、アクティビティ中に、雷に遭遇…、いや、遭遇しちゃダメです!

何度も雷を経験されているようなプロの方は、危険察知能力が桁違いなので大丈夫だと思います。

ですが「雷の怖さってこのくらい?」っていう感覚の、そこのあなたは要注意💦

観光中に、どんより重い雲が発達してたり、遠くでコロコロ…って聞こえたら、

すぐに目的をあきらめ、その場から離れて安全な場所へ!

早めの避難が、あなたや周りの人を危険にさらさない唯一の手段です。

危険なこと、頭の片隅に置いといてほしいことだったので、強めにお伝えしました💦
じゃあ、安全な場所ってどこ?次の見出しでは、そちらについて取り上げます♪

ふくらひよこが雨の日の観光にオススメの場所を紹介しているので、こちらもどうぞ♪
日光を安全に楽しんで、いい思い出にしてくださいね♪

【避難場所について】雷が近づいてる!安全な場所ってどこ?

Image by Steve Buissinne from Pixabay

前の見出しのまとめは雷さまの気配を感じたら、目的をあきらめすぐに避難してください!でした。
大事なことなので2回お伝えしました🐣

うーん、でもどこに避難したらいいの?屋内?近くにないときもあるよ?

そのとおりです、雷さまは人の都合なんておかまいなし。だって自然って怖いんですもの!
ちょっと変なテンションになってしまいました🐣💦
ここからは命にかかわることなので、確実な気象庁のホームページからご紹介します♪

安全な場所について

鉄筋コンクリート建築、自動車(オープンカーは不可)、バス、列車の内部は比較的安全な空間です。また、木造建築の内部も基本的に安全ですが、全ての電気器具、天井・壁から1m以上離れれば更に安全です。

雷から身を守るには|気象庁

まとめると屋内では部屋の真ん中に避難車内の場合は避難中、窓や金属部分に触れないことが大事だそうです。(車内についての参考:三井住友海上HP

屋内や車内に避難しても、これで大丈夫!じゃないんですね…勉強になりました🐣💡

安全な場所が近くにないとき

近くに安全な空間が無い場合は、電柱、煙突、鉄塔、建築物などの高い物体のてっぺんを45度以上の角度で見上げる範囲で、その物体から4m以上離れたところ(保護範囲)に退避します。

高い木の近くは危険ですから、最低でも木の全ての幹、枝、葉から2m以上は離れてください。

姿勢を低くして、持ち物は体より高く突き出さないようにします。

雷の活動が止み、20分以上経過してから安全な空間へ移動します。

雷から身を守るには|気象庁

こちらは文字だけだと、ちょっとイメージしずらいので、引用元のリンクを見てみてください。
図解で説明しているので、わかりやすいです🐣

木の場合は葉っぱなどを含めた”木”から2m離れないといけないようなので、4m以上離れても見上げられるなるべく高い木を選ぶ必要がありますね!
木の下で雨宿りは絶対ダメ!…覚えました!🐣

【屋内での危険】室内でくつろいでいるときに注意するポイント4つ!

Image by Christopher Jolly from Unsplash

気象庁のホームページに屋内でも、壁際によらないこととありました。
でも屋内に避難して来た人と、最初から室内にいる人とでは状況がちがいますよね。

それではあらためて、もし室内にいて雷さまが落ちそうなとき、どうしたらいいかご紹介します。


・ホテルの場合、避雷針などの設備があるか確認する
(避雷針は雷を誘導し、地面に放電する設備です。避けるわけではないので注意!)

・シャワーやお風呂など、水に触らない
(水道管を伝ってくる場合がある)

・窓際、壁際から離れて、室内の奥やホールなどで過ごす
(フロント近くのラウンジや、食堂を開放してもらえないか交渉してみるなど)

・コンセントを抜く
(とくに充電中のパソコンやスマートフォン、携帯ゲーム機など)


この4つです!最初の避雷針設備のほかは、おうちでも使える豆知識なので、ぜひ覚えておいてくださいね♪
ひよこもシャワーで感電しないように気を付けます!⚡🐣⚡

最近はお天気アプリでも、雨雲のレーダーや雷情報で簡単にリアルタイムの情報がわかりますよね♪
観光のときは、お天気チェックを忘れずに!
ひよこも、お天気アプリは何種類かスマホのホーム画面にいれてあります♪🐣

おわりに

日光へ来るのが、怖くなっちゃってませんか?だいじ?🐣💦(栃木弁でだいじ=大丈夫)
1日のうちの1時間程度なのですが、出会ったら、これが日光の雷さまか!とびっくり体験に♪

もし日光の観光中、判断が心配だったら、近くの一番高いお山をご覧ください!
山の頂上が雲で隠れていたら、だいたいお天気が崩れる1日です
🐣(※個人と年配の方々の意見です)

もし夏の日に観光に来ていてお山が隠れていたら、頭のはしっこで「雷危険、早めに避難」とちょっとでも思い出してもらえたら嬉しいです!

もし良かったらぜひ、ほかの地域のご当地の雷事情もおしえてもらえたら嬉しいです🐣💕

それでは、日光で素敵な1日をお過ごしください🐣

error:
タイトルとURLをコピーしました